2017年06月19日

満腹過ぎたおもてなしライド

「脚つり倶楽部」のTTキング、Chemical BHさんから山形で走りたいとの入電。
そして日程を調整し、6/16、遠路福島からわざわざのご来訪です。

前夜は当然の酒宴。
翌日は当然の二日酔い。
こりゃ走り切れるのかいと不安になりながらも出発です。

今回の目的地はChemical BHさんの希望もあって、蕎麦を食べに行こうということに。
程良い距離で、蕎麦が美味しいところって・・・

「よし!次年子しかない!」

しかし、程良い距離ではなく、かなりの距離になってしまいヘロヘロでしたが・・・

s-DSC01572.jpg
途中、同じ脚つり倶楽部のメンバー、ロッキー君と合流。
考えてみると、大会以外でこうして集まって走るのって初めてでした。

s-DSC01574.jpg
現在の山形はさくらんぼシーズン真っ只中。
最初の休憩地、チェリーランド寒河江も当然ながら駐車場は満車。
さくらんぼ狩りの皆さんでごった返してました。
そんな中でも自転車専用ラックがあるので、安心して駐輪できます。

この日は風もなく、そして暑くもなく最高の自転車日和。
快調なペースで次年子までの登り区間手前まで来ました。

s-DSC01577.jpg
この先は延々と登りが待ってます。
「まだか、まだか」と叫びながら進むと、ようやくピークへ。
そこからは相変わってダウンヒル。
次年子への道のりは、決して生易しくはありませんでした。

s-DSC01581.jpg
出発から約2時間、目的の「七兵衛そば」に到着です。
土曜日ということもあり混んでましたが、さほどの待ち時間もなく席に着くことができました。

s-2017-06-17 12.01.35.jpg
先ずは前菜のきくらげ、千切り大根の煮物、わらび漬けが運ばれてきます。
この前菜だけでも食べ応えがあるんですよ。

s-DSC01579.jpg
そして蕎麦がやって来ました。
この店は蕎麦食べ放題なのです。
黙っていても次のおかわり分を店のおばちゃんが勝手に持ってきてくれるんです。
大根のしぼり汁にめんつゆを入れるのでちょっと辛みはありますが、それが刺激になって何杯でも食べれるんでしょうねぇ。

s-2017-06-17 12.27.24.jpg
今日は2杯で止めるつもりでしたが、つい3杯目に手を出してしまいました。
おけげで本当に満腹です。
Chemical BHさんにも山形の蕎麦を満喫(満腹?)していただけたみたいで、それだけでも連れてきた甲斐がありました。

さて、この次年子のある大石田町には、人でごった返す食のポイントがもう一か所あるんです。

s-DSC01583.jpg
次年子から大石田市街地に下山。
もうこれ以上食えないと言っておきながらやって来ました「最上川千本だんご」です。

s-DSC01582.jpg
時間的には13時過ぎ頃でしたが、人、人、人です。
相変わらずの凄い人気です。
せっかくここまで来たんだから食べて行こうとなりまして・・・

s-2017-06-17 13.37.17.jpg
一本ずつなら何とか食えるかと、ずんだ、ごま、ナッツとそれぞれ注文。
本当に美味しいんですけど、もうこれで完全にギブアップです。
これ以上食べると本当に吐きそう。
バイクに跨ると、前傾姿勢は追い打ちをかけるように腹を圧迫して苦しいし。

s-DSC01584.jpg

s-DSC01590.jpg
軽い気持ちで次年子を目指したのですが、終わってみれば走行距離132km。
Chemical BHさん、ロッキー君とも今年初の100km越え。
私も今季最長距離を走り抜けたということで、後半はボロボロになって帰ってきました。

山形を満喫してもらうのが目的できしたが、ちょっと度が過ぎたかな(;´Д`)
次回、逆に福島入りを誘われましたので、その時はお手柔らかにお願い致します。

まずはいっぱい走ったし、いっぱい食ったw
そんな楽しい一日でした。
posted by ミラーマン at 17:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ツール・ド・さくらんぼ2017 DNSにモヤモヤ

6月10日は待ちに待った「ツール・ド・さくらんぼ2017」の日。
今年は色々と特別なことが重なって、とにかく楽しみにしてました。

その特別なことの一つが、初のメディオフォンドコースでのエントリー。
これまでは120kmのグランフォンドコースにしかエントリーしてませんでした。
何故、1/2の距離しかないメディオフォンドに変更したのか?

理由は簡単です。
グランフォンドのエントリーフィーが何と10,000円にまで跳ね上がりました。
昨年の8,000円でも高いと思ってたのに、今年はさらに2,000円も値上げ・・・
毎月小遣い制の自分にとってはこの参加費は死活問題です。

ただ、メディオフォンドはエイド食が充実しているらしいので、今年は「食」に走ることにしました。
(結局、今年の大会は悪天候が予想されたため、全参加者がメディオフォンドコースになりました)

特別なこと二つめ。
初のチームジャージを作ることになりました。
チームジャージを着て、メンバー全員で走る・・・
長年の懸案というか夢でした。
それがいよいよ今年実現します。

s-2017-06-11 19.17.27.jpg
そんなこんなで本当に楽しみにしていたのですが、大会前から不運が続きまくりました。

まずは最大の関心事、大会当日の天気です。
大会が近づくにつれ、10日の天気が怪しい方向へ向いてしまいます。
昼前から昼過ぎにかけて天気が荒れるとの予報。
その前日は30℃近い快晴だったので、翌日雨が降るなんて何かの間違いだろうと。

そしてチームジャージ。
メーカー側と着々とデザイン合わせが進んでましたが、最後の最後にまさかのトラブル発生。
何のトラブルかは営業妨害にも成り兼ねないので伏せておきますが・・・

で、当日です。
やはり天気予報は昼前から雨の予報。
それどころか雨雲レーダーを見る限り、出走時刻の7時30分には雨雲が掛かってきてるし。

メンバー全員が大会会場であるチェリーランド寒河江に集まります。
すでにDNSを宣言している者もあれば、走れるところまで走るという者まで。
そうこうしているうちに、黒い雲が上空にジワジワと張り出して来てます。

雨が降る前に、何とかチームジャージでの集合写真は撮っておきたい。

そして大会セレモニーそっちのけで撮影会の開始です。

s-DSC01567.jpg

s-DSC01570.jpg
どうですか!?
女子部も含めて完璧なチームジャージです。
でもこれが本来予定していた姿と違うんですよ・・・

それでも地元テレビ局から取材を受けまして、もしかしたら放映されるかもしれませんw

盛大な撮影会が終わったあと、我々はDNSを決意しました。
今年は皆で集合写真を撮れただけでも満足かも。

そして大会会場を後にし、駐車場に向かう途中に雨が降り出して来ました。
自宅に向かう途中もずっと雨。
DNSして正解だったんだと自分に言い聞かせながら車を運転して行きました・・・

が、何と9時頃から急に晴れ出し、上空は雲一つない青空に!!!
少し濡れてもやっぱり走るべきだったのか!?
何とも煮え切れないモヤモヤ感が漂います。

そうしているうちに11時頃からは一転雷雨に。
う〜ん・・・
ますますモヤモヤが・・・

未だにモヤモヤが晴れませんが、
s-2017-06-11 19.19.32.jpg
参加賞だけはしっかり貰ってきました。

ということでまた来年。
でも来年は違う大会に出ることも画策中です
posted by ミラーマン at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

蔵王ヒルクライム・エコ2017 最後の男子Dクラス

いつも「ツラいツラい」と言いながらもエントリーしてしまう大会です。
まぁ、自宅から一番近いところで開催される大会なので、自然とエントリーしてしまうのですがw

さて、タイトルにもありますように、今年でDクラス(40歳代)を卒業することになりました。
2010年、42歳にして初めてロードバイクに出会ってからの歳月。
色々なことに挑戦してきましたが、何ら大成することなく40代も終わろうとしています。
ということで今年の大会は、40代の集大成の意味も込めてのエントリーなのです!
(何と大袈裟な・・・)

s-2017-05-21 06.50.02.jpg
朝5時、我が家からは蔵王の裏側になる大会会場、蔵王町に向け出発。
今年から受付が省略されたので、余裕をもって出発できました。
大会コースでもある蔵王エコーラインをひた走り、1時間弱で会場入りです。

その前に駐車場で20分ほどローラーを回しましたが、あっという間に汗が噴き出てボタボタと・・・
そうなんです、この日はとにかく暑かった(;´Д`)
予想最高が5月だというのに31℃!!
なのでいくら蔵王の麓と言えども、朝からすでに暑かったのです。

s-2017-05-21 07.35.20.jpg
そんなこんなで男子Dクラスは7時36分にスタート。
ウェアはもちろん半袖ジャージにレーパン生足で。

今年の作戦は特にありませんが、先ずはマイペースで坦々と。
この度フレームをリドレーフェニックスに換えましたが、結局はなかなか乗り込めずでした。
ただその分、秘策があったのでそれは後ほど。

でもやっぱりエコーラインの登りはキツかった。
28Tをフル活用したけど、自分の脚では30Tは欲しいかも。
いや、32Tか!?
もうダメですね、回せないんだもの・・・

s-2017-05-21 09.18.25-1.jpg
それでも今年も「お釜」を拝むことができました。
ゴールまで残り2km地点で左ハムストリングが攣りましたが、痛みに耐えて根性でのゴールです。
タイム的には昨年より4分の短縮。
正確にはリザルトが出ていないのでわかりませんが、手元の計測値です。
尚、計測機器の不具合があったらしく、この時点(5/22 20時現在)でも正確なリザルトが発表されてません。
自分としては消し去りたい記録なので、このまま発表がなくてもいいんですけどねw

そして今年の秘策です。
3月末から減量に取り組んだ結果、約4kgの減量に成功しました。
昨年は何をやっても減らなかったんですけど、今年は何故か上手く行きました。
それが少しはタイム短縮に成果が出たのだと思ってます。

s-2017-05-21 11.42.24.jpg
さて来年、Eクラスとなる50歳代の部でのエントリーとなります。
でもエントリーするかなんてまだ決めてません。
結果もたかが知れてるし、もうヒルクライムからは引退してもいいんですけどね・・・
posted by ミラーマン at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

GWあたりからの自転車日記

GW期間あたりからの自転車日記です。
画像メインで説明は簡略させていただきます。

【5月4日】
s-DSC01522.jpg

s-DSC01524.jpg

s-DSC01525.jpg

s-DSC01528.jpgs-DSC01530.jpg

s-DSC01529.jpg
女子部と立谷川の芝桜へ。
昨年以上にお見事でした!

【5月8日】
s-2017-05-08 10.35.33-1.jpg
新フレーム リドレーフェニックスで初の樹氷橋TT。
いきなりの40分切り!!

s-2017-05-08 10.42.03.jpg

s-2017-05-08 10.53.41.jpg
機嫌良くなり記念撮影。

【5月14日】
s-2017-05-14 18.09.33-1.jpg
再度、樹氷橋TTしてみたけど、ほぼいつのもの実力でがっかり・・・
前回のタイムは何だったのか・・・。

【5月16日】
s-2017-05-16 13.05.37.jpg

s-2017-05-16 13.14.53.jpg
ハッシー君と県民の森へ。

s-2017-05-16 13.49.43.jpg
で、下山後、ご褒美♪

【5月18日】
s-DSC01531.jpg
何と、あの「神様」がカーボンバイク購入!

s-DSC01532.jpg

s-DSC01533.jpg

s-DSC01534.jpg

s-DSC01545.jpg
皆さん初の小滝峠へ。

s-DSC01547.jpg

s-DSC01551.jpg
で、ご褒美♪

やっぱり自転車は楽しい。
posted by ミラーマン at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

酒田離岸堤 ついに連勝ストップ

5月9日、懲りずに今年2度目の酒田離岸堤に上陸してきました。
2011年、初の離岸堤上陸から連戦連勝を誇っていましたが、ついにその記録が潰えました。
そんな汚点をブログで報告する必要もないのですが、ネタとして仕方なく報告しますw

s-2017-05-09 03.36.45.jpg
この日は、0時に職場漁師仲間3名で酒田に向け出発。
そして酒田北港からは、3時30分出港ということで離岸堤へと向かいました。

それより前の5月6日、漁師仲間の若手達が上陸しており、その時の釣果がワラサなど青物8本と、80pの巨大ヒラメ1本を上げたとの情報もあって、気分がもの凄く高ぶってました。

s-2017-05-09 03.49.47.jpg
そしてまだ夜も明けぬなか、その若手達が釣ったという離岸堤の中程でフィッシング開始。

そんな中で、この日最大の失敗に気付きました。
今や無くてはならない老眼鏡を忘れてきたのです。
これでは視点がボケて、ラインの結び換えに一苦労しそうです(実際しました)

s-2017-05-09 04.00.15.jpg
そうこうしてるうちに、さっそく仲間の一人がメバルをGETします。
これは期待できそうです。
今日も大漁が確約されたもんですね。
しかし、このメバルが我々にとって、この日最初で最後の獲物だったのでした・・・。

夜が明け、周囲の状況が明らかになってきました。
我々が陣取った離岸堤中程では、魚を釣り上げるどころかバイト(当たり)すら誰一人なかったのです。

対照的だったのが離岸堤の突端です。
見ると次々と竿が曲がっているではありませんか!!

s-2017-05-09 07.31.09.jpg

s-2017-05-09 07.29.13.jpg
慌てて場所を離岸堤突端に移動しましたが時すでに遅し。
突端部は多くの人で埋め尽くされて、入り込む余地がなかったのです。

でも青物なら、必ず回遊してくるはず。
それを信じてキャストを繰り返しました。

しかし突端では変わらず次々とワラサが上がってますが、外れた我々の場所にはワラサが回ってきません。

s-2017-05-09 07.29.36.jpg
途中、やる気をなくし、自分のタックルを撮ったり・・・

s-2017-05-09 07.32.52.jpg
朝食を摂ったりして時間を潰していましたが、ついに待望の瞬間が訪れたのです!!

s-2017-05-09 08.27.37.jpg
彼の頭の形状と同じくらいに、満月状にしなるロッド。
これは待ちに待ったワラサに間違いない(実際はその下の「イナワラ」級でした)

s-2017-05-09 08.28.01.jpg
長時間の格闘の末、ようやくランディング。
しかしこの時悲劇が待っていたのです。

魚をネットに入れる直前、先にルアーのフック(針)がネットに絡まってしまいました。
それを何とかしようと四苦八苦している最中に、魚からフックが外れ、バレてしまったのです。

・・・何てこった。

実はその後、私にもワラサではなくサワラがヒットしたのでしたが、それもランディング直前にバレてしまっていたのです。

そして午前11時、渡船が迎えに来てこの日の釣りは終了。
この時点で私の離岸堤無敗記録は潰えたのでした。
誰にも計り知れませんが、本当にショックを受けてるんですよ(T_T)

離岸堤の釣りは、やはり突端部の一択です。
本日はとてもいい勉強になりました。
このショックを胸に、次なるリベンジに向けて精進して行くつもりです。


さて、悲しい釣りのネタはこの辺にして、ここからは一人の漁師仲間についての驚愕的お話しです。

s-2017-05-09 09.14.57.jpg
当ブログでも度々登場してますが、先ずはこの堂々とした体格です。
この日、朝方は5℃の気温で周囲の釣り人が防寒着や長袖姿だったのに対し、彼は早々にTシャツ1枚になってましたw
ちなみに私は釣り終了時点まで、レインウェアを羽織ってます。

ここからが更なる驚愕コーナーです。

前回もでしたが、釣りを終えると「麺屋酒田」という連日満員の有名ラーメン店に立ち寄ります。
私は普通にラーメンを注文しましたが、彼は何と・・・

s-2017-05-09 11.49.32.jpg
味噌ラーメン メガ盛り!!!(写真右)
注文の際、店員からも聞き返されてましたw
ちなみに写真左はチャーシュー麺の普通盛りです。

s-2017-05-09 12.02.17.jpg
見た目は普通に見えますが、彼の体格のおかげで器が小さく見えてるだけなのです。
私の隣りに座っていたオジサンが、驚いたように何度もチラ見していましたけどね。

s-20170510190300.jpg
そして何事もなかったかのように完食。
ちなみに背油多めと、私のラーメンに付いていた背油レンゲ一杯分も追加しています。

もはや彼が早死にしない事を祈るしかありません(-_-)

以上、釣り以上に面白いネタでした。
posted by ミラーマン at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする