2017年05月22日

蔵王ヒルクライム・エコ2017 最後の男子Dクラス

いつも「ツラいツラい」と言いながらもエントリーしてしまう大会です。
まぁ、自宅から一番近いところで開催される大会なので、自然とエントリーしてしまうのですがw

さて、タイトルにもありますように、今年でDクラス(40歳代)を卒業することになりました。
2010年、42歳にして初めてロードバイクに出会ってからの歳月。
色々なことに挑戦してきましたが、何ら大成することなく40代も終わろうとしています。
ということで今年の大会は、40代の集大成の意味も込めてのエントリーなのです!
(何と大袈裟な・・・)

s-2017-05-21 06.50.02.jpg
朝5時、我が家からは蔵王の裏側になる大会会場、蔵王町に向け出発。
今年から受付が省略されたので、余裕をもって出発できました。
大会コースでもある蔵王エコーラインをひた走り、1時間弱で会場入りです。

その前に駐車場で20分ほどローラーを回しましたが、あっという間に汗が噴き出てボタボタと・・・
そうなんです、この日はとにかく暑かった(;´Д`)
予想最高が5月だというのに31℃!!
なのでいくら蔵王の麓と言えども、朝からすでに暑かったのです。

s-2017-05-21 07.35.20.jpg
そんなこんなで男子Dクラスは7時36分にスタート。
ウェアはもちろん半袖ジャージにレーパン生足で。

今年の作戦は特にありませんが、先ずはマイペースで坦々と。
この度フレームをリドレーフェニックスに換えましたが、結局はなかなか乗り込めずでした。
ただその分、秘策があったのでそれは後ほど。

でもやっぱりエコーラインの登りはキツかった。
28Tをフル活用したけど、自分の脚では30Tは欲しいかも。
いや、32Tか!?
もうダメですね、回せないんだもの・・・

s-2017-05-21 09.18.25-1.jpg
それでも今年も「お釜」を拝むことができました。
ゴールまで残り2km地点で左ハムストリングが攣りましたが、痛みに耐えて根性でのゴールです。
タイム的には昨年より4分の短縮。
正確にはリザルトが出ていないのでわかりませんが、手元の計測値です。
尚、計測機器の不具合があったらしく、この時点(5/22 20時現在)でも正確なリザルトが発表されてません。
自分としては消し去りたい記録なので、このまま発表がなくてもいいんですけどねw

そして今年の秘策です。
3月末から減量に取り組んだ結果、約4kgの減量に成功しました。
昨年は何をやっても減らなかったんですけど、今年は何故か上手く行きました。
それが少しはタイム短縮に成果が出たのだと思ってます。

s-2017-05-21 11.42.24.jpg
さて来年、Eクラスとなる50歳代の部でのエントリーとなります。
でもエントリーするかなんてまだ決めてません。
結果もたかが知れてるし、もうヒルクライムからは引退してもいいんですけどね・・・
posted by ミラーマン at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

GWあたりからの自転車日記

GW期間あたりからの自転車日記です。
画像メインで説明は簡略させていただきます。

【5月4日】
s-DSC01522.jpg

s-DSC01524.jpg

s-DSC01525.jpg

s-DSC01528.jpgs-DSC01530.jpg

s-DSC01529.jpg
女子部と立谷川の芝桜へ。
昨年以上にお見事でした!

【5月8日】
s-2017-05-08 10.35.33-1.jpg
新フレーム リドレーフェニックスで初の樹氷橋TT。
いきなりの40分切り!!

s-2017-05-08 10.42.03.jpg

s-2017-05-08 10.53.41.jpg
機嫌良くなり記念撮影。

【5月14日】
s-2017-05-14 18.09.33-1.jpg
再度、樹氷橋TTしてみたけど、ほぼいつのもの実力でがっかり・・・
前回のタイムは何だったのか・・・。

【5月16日】
s-2017-05-16 13.05.37.jpg

s-2017-05-16 13.14.53.jpg
ハッシー君と県民の森へ。

s-2017-05-16 13.49.43.jpg
で、下山後、ご褒美♪

【5月18日】
s-DSC01531.jpg
何と、あの「神様」がカーボンバイク購入!

s-DSC01532.jpg

s-DSC01533.jpg

s-DSC01534.jpg

s-DSC01545.jpg
皆さん初の小滝峠へ。

s-DSC01547.jpg

s-DSC01551.jpg
で、ご褒美♪

やっぱり自転車は楽しい。
posted by ミラーマン at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

酒田離岸堤 ついに連勝ストップ

5月9日、懲りずに今年2度目の酒田離岸堤に上陸してきました。
2011年、初の離岸堤上陸から連戦連勝を誇っていましたが、ついにその記録が潰えました。
そんな汚点をブログで報告する必要もないのですが、ネタとして仕方なく報告しますw

s-2017-05-09 03.36.45.jpg
この日は、0時に職場漁師仲間3名で酒田に向け出発。
そして酒田北港からは、3時30分出港ということで離岸堤へと向かいました。

それより前の5月6日、漁師仲間の若手達が上陸しており、その時の釣果がワラサなど青物8本と、80pの巨大ヒラメ1本を上げたとの情報もあって、気分がもの凄く高ぶってました。

s-2017-05-09 03.49.47.jpg
そしてまだ夜も明けぬなか、その若手達が釣ったという離岸堤の中程でフィッシング開始。

そんな中で、この日最大の失敗に気付きました。
今や無くてはならない老眼鏡を忘れてきたのです。
これでは視点がボケて、ラインの結び換えに一苦労しそうです(実際しました)

s-2017-05-09 04.00.15.jpg
そうこうしてるうちに、さっそく仲間の一人がメバルをGETします。
これは期待できそうです。
今日も大漁が確約されたもんですね。
しかし、このメバルが我々にとって、この日最初で最後の獲物だったのでした・・・。

夜が明け、周囲の状況が明らかになってきました。
我々が陣取った離岸堤中程では、魚を釣り上げるどころかバイト(当たり)すら誰一人なかったのです。

対照的だったのが離岸堤の突端です。
見ると次々と竿が曲がっているではありませんか!!

s-2017-05-09 07.31.09.jpg

s-2017-05-09 07.29.13.jpg
慌てて場所を離岸堤突端に移動しましたが時すでに遅し。
突端部は多くの人で埋め尽くされて、入り込む余地がなかったのです。

でも青物なら、必ず回遊してくるはず。
それを信じてキャストを繰り返しました。

しかし突端では変わらず次々とワラサが上がってますが、外れた我々の場所にはワラサが回ってきません。

s-2017-05-09 07.29.36.jpg
途中、やる気をなくし、自分のタックルを撮ったり・・・

s-2017-05-09 07.32.52.jpg
朝食を摂ったりして時間を潰していましたが、ついに待望の瞬間が訪れたのです!!

s-2017-05-09 08.27.37.jpg
彼の頭の形状と同じくらいに、満月状にしなるロッド。
これは待ちに待ったワラサに間違いない(実際はその下の「イナワラ」級でした)

s-2017-05-09 08.28.01.jpg
長時間の格闘の末、ようやくランディング。
しかしこの時悲劇が待っていたのです。

魚をネットに入れる直前、先にルアーのフック(針)がネットに絡まってしまいました。
それを何とかしようと四苦八苦している最中に、魚からフックが外れ、バレてしまったのです。

・・・何てこった。

実はその後、私にもワラサではなくサワラがヒットしたのでしたが、それもランディング直前にバレてしまっていたのです。

そして午前11時、渡船が迎えに来てこの日の釣りは終了。
この時点で私の離岸堤無敗記録は潰えたのでした。
誰にも計り知れませんが、本当にショックを受けてるんですよ(T_T)

離岸堤の釣りは、やはり突端部の一択です。
本日はとてもいい勉強になりました。
このショックを胸に、次なるリベンジに向けて精進して行くつもりです。


さて、悲しい釣りのネタはこの辺にして、ここからは一人の漁師仲間についての驚愕的お話しです。

s-2017-05-09 09.14.57.jpg
当ブログでも度々登場してますが、先ずはこの堂々とした体格です。
この日、朝方は5℃の気温で周囲の釣り人が防寒着や長袖姿だったのに対し、彼は早々にTシャツ1枚になってましたw
ちなみに私は釣り終了時点まで、レインウェアを羽織ってます。

ここからが更なる驚愕コーナーです。

前回もでしたが、釣りを終えると「麺屋酒田」という連日満員の有名ラーメン店に立ち寄ります。
私は普通にラーメンを注文しましたが、彼は何と・・・

s-2017-05-09 11.49.32.jpg
味噌ラーメン メガ盛り!!!(写真右)
注文の際、店員からも聞き返されてましたw
ちなみに写真左はチャーシュー麺の普通盛りです。

s-2017-05-09 12.02.17.jpg
見た目は普通に見えますが、彼の体格のおかげで器が小さく見えてるだけなのです。
私の隣りに座っていたオジサンが、驚いたように何度もチラ見していましたけどね。

s-20170510190300.jpg
そして何事もなかったかのように完食。
ちなみに背油多めと、私のラーメンに付いていた背油レンゲ一杯分も追加しています。

もはや彼が早死にしない事を祈るしかありません(-_-)

以上、釣り以上に面白いネタでした。
posted by ミラーマン at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

リドレーフェニックス

突然ですが、このたびフレームを交換しました。
仲間内でもきっと寝耳に水だと思いますが、誰にも喋ってなかったので当然ですw

昨年10月頃、ネット上で「リドレーフェニックス限定数で復活」が目に留まりました。
正直、フェニックスがどんなフレームなのか知る由もありませんでした。
しかし異常な程気になったのがその価格です。

UCIプロチームのロット・ベリソル(当時)が、「北のクラシックレース」で実際に3年間使用したというプロモデルが、たった(いや、自分にとっては法外な)138,000円で手に入るっていうもんだから、もう欲しくて欲しくて(;´Д`)

いつもお世話になっている「じてんしゃ蔵守三」さんへ直行。
3台分キープしているが入荷がいつになるか不明とのことでしたが、XSサイズを仮予約。
しかも正月初売りセールの時に仮予約したもんだから、さらに割引になるという嬉しいお話し。

そして待つこと4ヶ月超。
4月も終わろうとしているところに入荷の一報が。

やっと来たか。
構想では冬仕事として自分で組み立てるつもりでしたが、ここまで遅れては時間も暇もありません。
なので、それまでの愛車BH Speedromからのパーツ移植は全て守三さんにお任せすることに。

s-2017-05-07 11.26.41.jpg
で、昨日、守三さんまで受取りに。

s-2017-05-07 11.26.57.jpg

s-2017-05-07 11.27.10.jpg
ご覧の通り、ホイール&タイヤがBH Speedromからの横流しだから、フレーム色と全く合ってないw
タイヤは昨年購入したばかりだし、もう資金もないので、今年はこのまま我慢です(T_T)
見かけても決して笑わないでください。

s-2017-05-07 16.13.04.jpg
昨日中に何としても実走したくて、帰宅してから自分でバーテープを巻き出撃。
行き先は、登りを試してみたかったので樹氷橋方面へ・・・
しかし猛烈な強風のため、途中の「棚木バス停」で断念。

s-2017-05-07 17.08.40.jpg
さて、フレームが代わってどうだったのか?

これは正直な感想です。
BH Speedromと比べて劇的に何かが変わったとは思えませんでした。
完成車重量もほとんど変わらずの7.2kgだし、踏めば踏むほど推進力が・・・
なんてこともありませんでした。

s-2017-05-07 17.28.54.jpg
ただ振動吸収性は素晴らしいの一言です。
どんな路面のギャップでも、柔らかくいなしてくれます。
さすが石畳で鍛えられたプロバイクですね。
ロングライドではその威力を発揮してくれそうです。
元々、ヒルクライムに特化したフレームではないと分かっていましたが、私はヒルクライムでしか使いませんけどねw

今年もダメ元ながら「蔵王ヒルクライム・エコ2017」にエントリーしました。
そして今年は40代(クラスD)最後の年。
この新フレームで、最低でも昨年の記録を更新できるように頑張りたいと思います。

余談ですが、バイクを少しでも軽くしようとボトルゲージを交換しました。

s-2017-05-07 12.19.02.jpg
こちらがこれまで使っていたミノウラの「デュラケージ」38g
残念ながらデュラエースとは関係ないみたいですw

s-2017-05-07 12.17.37.jpg
そして今回の秘密兵器、made in チャイナのフルカーボン製。
重量は何とたった16g!!
さらに衝撃なのが、お値段たったの1570円!!

Lixada 超軽量フルカーボンファイバーサイクリング自転車マウンテンバイクの水ボトルホルダーケージ -
Lixada 超軽量フルカーボンファイバーサイクリング自転車マウンテンバイクの水ボトルホルダーケージ -

ご購入の際は、自己責任でお願い致します。


さて、フレームだけになってしまったBH Speedromですが・・・

s-2017-05-05 20.39.54.jpg
次の役目が決まりました。
こちらも後日報告できればと思ってます。
posted by ミラーマン at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

念願のチームジャージ作製へ

職場の自転車チーム「チーム最下位」としてのジャージを作製することになりました!
この件に関しては、女子部が先に行動してまして、デザイン等は全てパクリとなりますw
(女子部ジャージはすでに発注済み)

s-2017-04-29 20.31.45.jpg
昨日、作製を依頼している「チャンピオンシステム」から試着サンプルが送られてきました。

お披露目は6月10日開催の「ツールドさくらんぼ」の予定。
これで大会当日、メンバーを探すのに苦労しなくて済むかも。
それがジャージ作製の一番の目的ですw
posted by ミラーマン at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする